2011年12月23日

SWL card

最近立て続けに外国(特にヨーロッパ)からSWLカードを受け取りました。しかし、データがログとあっていない!相手局のコールのミスコピーではなく交信時刻があっていないのです。それも2−3分ずれたとかUTCの計算に間違えたような1時間単位のずれとかではなく、23分とか41分とかいう中途半端な、微妙な違いがあるのです。自分のログが間違っているかと思いQSLを調べてみても、相手局に問い合わせても自分のログはあっている。どうも、DX Summitなどで検索し、クラスタにアップロードした時間の少し前にQSOしたと決めつけて、データをでっち上げて送ってきたようです。こちらもすぐクラスタにあげるときもありますが、パイルのひどい時は少しおさまってCQを連発するようになってから上げることも多いので、インチキするとこんなことが起きますが。

また、QSOした相手が持っているSWLナンバーでQSLと一緒にSWLレポートを送ってきたこともありましたが、それって有効なんでしょうか???

そこまでしてQSLカードがほしいのなら大きく「見本」と書いてサンプルを送りますが?こんどから呼ばれる側なら最低3局分のコールがないと送らないと宣言したほうが良いのでしょうか???


posted by N2YJ at 19:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

UA6PDJ チェチェン共和国・UA6JBJ 北オセチア共和国

ua6pdj.gif
ua6pdj-a.gif
ua6jbj.gif
UA6PDJ 1984-03-31 0732Z 28 MHz 2xCW
UA6JBJ 1981-06-06 0722Z 28 MHz 2xCW

最近国内アワードのため移動するロシアの局がよく聞こえます。旧ソ連時代にはオブラストということで旧ソ連全国に番号が振られていて、サフィクスの最初の文字をいろいろ集めたものです。このQSLも単なるUA6だと思えますが、今QSOしようとしたらかなり難しいのではないでしょうか?ソ連崩壊後政治的に不安定な地域が増え、QSLの交換も難しくなったところが多くなったような気がします。さらに興味のある人は国マニア(筑摩書房: ISBN 4480427252)を見てみてはいかがでしょう。R0D, R0Y, 5H1などいくつ答えられるでしょうか?
posted by N2YJ at 17:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

Radio Nederland Bonaire relay ラジオ・ネダーランド ボネイア中継

RN-2.gif
RN-2a.gif
RN-1.gif
RN-1a.gif

Radio Nederland Bonaire relay 1975-12-14 0457 UTC 6165 KHz
ibid 1976-09-19 0800 UTC 9715 KHz

これはアマチュア局ではありませんが、蘭領アンチル諸島が今度4つのエンティティに分割されたときに、昔この時間によく聞こえたので聴いてほしいとパイロット局にメールを出した、そのもとになるQSLです。昔BCLが流行った頃、FEN-Tokyoが6155 KHzで一日中放送しており、これはSony スカイセンサーICF-5800でも針振りきれで聞こえていました。日曜の昼、何気なく聞いていると珍しくFENを抑えて混信してくる局があり、ISを聴いているとこれがなんとRadio Nederland ボネイア中継 500 KWでした。この時間はTom MeyerのHappy StationというDJ番組のプログラムですが、日によっては最後までちゃんと聞こえる日もあったのを鮮明に覚えています。14時JSTからはニューージーランド向けのビーム、そして17時JSTからは確かインドネシア・オーストラリア向けだったと思います。
さて、肝心のNewですが、全部聞こえたのは聞こえたのですが、とてもQSOできるようなパイルのレベルではなく、仕事も立てこんでいたのでまだ1つもできていません。まあ、P4のように強力に聞こえることもあるかと思い、次回の機会を期待しています。
posted by N2YJ at 17:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

A52JS ブータン王国

a52js.gif
a52js-a.gif
A52JS 2000-05-15 1052Z 28 MHz 2xSSB
2000-05-07 1245Z 24 MHz 2xCW

VK9NS Jim Smith†(sk)
ブータンのコールサイン
posted by N2YJ at 13:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VK9NS ノーフォーク島

vk9ns.gif
vk9ns-a.gif
VK9NS 2002-10-26 0822Z 28 MHz 2xSSB
2002-12-14 1010Z 21 MHz 2xRTTY

VK9NS Jim Smith†(sk)
posted by N2YJ at 13:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VK9YS ココス島

vk9ys.gif
vk9ys-a.gif
VK9YS 1978-06-10 0855Z 28 MHz 2xCW

VK9NS Jim Smith†(sk)
この局との最初の交信はF6CYLと一緒に行ったココス島のDX-pedでした。その後も、いろいろなところからQRVし、JAも好意的に拾い上げてQSOするなど、多くの人がQSOしたことがあるのではないでしょうか。中でもVK0JS, A52JSでは苦労して免許までこぎつけたのに、他のグループが情報を横取りして,同時期にQRVをバッティッングさせたときには、そのグループがQRVする周波数の少し下を陣取り、QSX upで呼びに回る局をかぶせて邪魔をするなど、反骨精神も旺盛でした。最近のDX-pedでは欧米だけできればよいとも思えるQRVが多い中、彼のような公平な交信をした人が亡くなり大変残念です。
posted by N2YJ at 12:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

VS5OO ブルネイ

vs5oo.gif
vs5oo-a.gif
VS5OO 1979-04-06 0617Z 28 MHz 2xCW

N2OO Bobは最近いろいろな場所からDX-pedを行っていますが、これは最初ころのスプラトリーに行ったとき、まずブルネイで準備してそこから船で行くときにQRVしたものです。下のロードスのQSLにもサインが見えます。このときはスプラトリーとは私自身もあまりのパイルアップで出来ませんでした。スプラトリーは最近でこそベトナム、フィリピン、マレーシアが占有する島からのQRVがしばしばあり、もちろん日本からも近いこともありそんなに難しくはないところですが、このころは日本が太平洋戦争で敗戦の後、サンフランシスコ講和条約で領有権を放棄してからは、各国が軍隊を常駐させて領有権を主張しており、ドイツ人のグループがQRVしようとしたときには、発砲されて亡くなる事件も起きたこともありました。そのため、大変危険なところとしてなかなかQRVもなく、その後Romeoのインチキで無効になったQRVなどもあったのですが、最終的には9M0C以降のQRVでDXCCのバンド・モードの全グリッドのストラックアウト(打ち抜き=全部の欄を達成)した人も多いのではないでしょうか。
posted by N2YJ at 00:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

SV0AA/5 ロードス島

sv0aa-5.gif
sv0aa-5-a.gif
SV0AA/5 1980-06-20 1357Z 28 MHz 2xCW

これもロードス島ですが、昔、CQ誌で各サイクルでの1st QSOという記録を集めていたことがあります。このQSOはそのときに載っていた記録よりも早く、時間も23時JST近くということで、やや弱かったのですが誰も聞いていないときということで簡単に出来たのを覚えています。まあ、トルコの沖合いに位置するロードス島は中東・東部アフリカほどではないにせよ、夏型のコンディションで結構遅い時間でも聞こえるということを印象付けたQSOでした。
posted by N2YJ at 00:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W6QL/SV5 ロードス島

w6ql-sv5.gif
w6ql-sv5-a.gif
W6QL/SV5 1980-10-31 0535Z 28 MHz 2xCW

DX界のエースと言うことで珍カントリーから次々とQRVしていた局として古くはDon, Gus, Dannyなどがいましたが、私が始めたときには、彼らはもうオンエアしていませんでした。そのころまだ世界各地を回っていたのが、W6KG&W6QLのコルビン夫妻でした。Dannyを支援するために生まれたNPOのYASME協会が会費・寄付を全世界から募り、彼らの金銭的なサポートをしていました。このころはかなり高齢になり、あまり活発に移動してと言うこともなくなっていたのですが、ロードス島は気候が良いからか、このときともう1度QSOできました。しかし、QSLとしてはこれのみで他からはQSOできず、その後引退―>SKということで1枚きりになってしまいました。W6QLは夫人Irisのコールですが、オペレータはLloydになっています。

posted by N2YJ at 00:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

LZ0A 南シェトランド諸島

lz0a.gif
lz0a-a.gifLZ0A 2000-01-15 0609Z 28 MHz 2xCW

南極地域は南極条約によりどこの主権があるわけではないため、各国のコールサインでQRVしてきます。この局もブルガリアのふつうのコンテスト局のようなコールサインですが、実は南シェトランド諸島ということで、結構珍しいはずです。しかし、1月の午後3時ごろこの局がQRVしても全くパイルもなしに簡単に出来ました。ほかにも4K1(=現在のR1AN#), HF0, CE9, LU_Z, DP0, 3Y, FB8Y(=FT5Y), VP8, VK0, KC4AAA-AAZ, KC4USA-USZ, D88…。
posted by N2YJ at 21:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

my shack

shack0.JPG
my shack at the present time

時々、いったいどんなリグで出ているの?という質問を受けることがあるのですが、ここ17年ほど大きくは変わっていません。アンテナはアローライン28 MHz用、10/18 MHzは北辰のモービルホイップを窓につけたものを使っています。リグは以前はTS-440S,TS-50Sでしたが、最近は固定ではFT-1000MPにINRADのIFアンプをいれたもの、あと、IC-780 (JA2IVY(sk)局から興し入れ)、FT-2000、K-2などです。問題は忙しさにかまけ部屋の整理が出来ておらず、座る場所しかない有様。また、今住んでいるところの北側に大きな山があるので、カリブ海方面は全くダメです。そのため、もっと良い場所に移るプランを練っています。
posted by N2YJ at 21:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

9Q5BQ コンゴ民主共和国

9q5bq.gif
9Q5BQ 2001-06-24 1003Z 28 MHz 2xCW

旧ザイールで革命が起こりコンゴ民主共和国となって、その時免許を受けていた局は即時免許失効ではなく、有効期限まではQRVできるということで、一気に要求度が増しパイルが激しくなりました。この局は良く出てくるのですが、パイルがあまり好きではなく、5局ぐらいQSOしてパイルが激しくなるとQRTしてしまう運用パターンを繰り返していました。そこで、いつも出てくる周波数に網を張って週末に追うこと数週間、ようやくQSOにこぎつけました。
posted by N2YJ at 17:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7O1YGF イエメン

7o1ygf.gif
7o1ygf -a.gif7O1YGF 2000-04-19 0806Z 28 MHz 2xCW

この局は大々的に許可をもらってQRVすると言うことで鳴り物入りでQRVしました。しかしちょうど良い時間帯にQRVせず、ヨーロッパばかりしかやりません。この日は風邪をうつされ熱が出、頭がふらふらして、仕事を途中で切り上げ早退して家に戻り遅い昼を食べながらリグのスイッチをオンにするとこの局が強力な信号でパイルをさばいている途中でした。熱で頭がくらくらする中、1時間ぐらい呼び、何とかできました。その後はさすがに悪寒までする始末で、そのまま布団に入って寝ました。

この局はDXCCデスクまでFAXで運用について問い合わせするなどいろいろありましたが、結局、DXCCには無効でした。これが有効ならなあ。

2009年8月13日追加:

ところがどっこい、2009年8月12日にこの運用がDXCCに認められました。これで1つ増えました。



posted by N2YJ at 17:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

TT8JA チャド

tt8ja.gif
tt8ja-a.gifTT8JA 2000-06-13 1538Z 28 MHz 2xSSB

PhoneのDXはあまり真剣に追っかけていないのですが、太陽活動最盛期、夜中に強く入感していたこの局を呼んでQSOできました。

このカードで注目してほしいのはフランス語のコメントで

Cher Ami Yuji,
Je vous adresse, ainsi qu'a votre famille, mes plus cordiales amities. (aとeの上のアクサンが出ない。)
Jean-Claude

ここまで書けなくても、せめて(aとoのうえのアクサンがかけないので省略)

Merci du QSO et a bientot, 73.

位書いてみるとか、QSOでもフランス人なので

"Five-nine, thanks."

よりも

"Cinq et neuf, 73."

の方が機械的でない、何かより深い知り合いになるきっかけがあるような気がした次第。
posted by N2YJ at 23:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9U0X ブルンジ

9u0x.gif
9u0x-a.gif9U0X 2002-09-15 1228Z 28 MHz 2xCW

Baldurは1-2人でいろいろなところからQRVしています。しかし、あるJAの局が運用予定のインフォを自分の関係する一部の局にだけ流したことがあってからは、事前にインフォを流さなくなりました。
この局も速いキーイングでみじかくCQを出していましたが、いかんせん信号が弱くあまり呼ぶ局もないのでしばらく呼んだらできました。ただ、私の前にJG2の局が呼んでコールバックが2回あったのですが、返答せず何度も呼んでいるので聞こえずに呼んでいるのかと思われて無視されていました。クラスタにもう何度もコールバックがあったのにと書き込もうかと思いましたが、それでは他力QSOになってしまうのでだめかということでそのままにしました。

posted by N2YJ at 00:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ZD9IR ゴフ島

zd9ir.gif
zd9ir-a.gifZD9IR 2002-05-25 1441Z 28 MHz 2xCW

夜の28 MHzはほとんど何も聞こえないのですが、コンディションがよければ東アフリカからロングパスのアメリカ南部が聞こえます。WPX CWでかすかに聞こえる速いCWの局を見つけ、しばらく聞いていたらなんとZD9ではありませんか。でも信号はほとんどかするぐらいしか聞こえません。しばらく聞いて他のコピーできる局が一巡してから呼びましたが、やはり難しい。しばらくするとようやく気づいてくれてナンバーを交換しめでたく出来ました。
posted by N2YJ at 00:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

5V7A トーゴ共和国

5v7a.gif
5v7a-a.gif5V7A 1998-11-29 2345Z 28 MHz 2xCW

毎年WW CW コンテストに絡めてQRVするVoodooコンテストグループの西アフリカらのQRVについて鮮烈な印象だったのは、前年、28 MHz のCW でWWコンテスト朝の時間に強烈な信号で20分ほど聞こえたことに始まります。超ハイスピードながらも聞きやすいキーイングで、聞きほれるような信号でした。この年はまた、同じ所からQRVとのことで、雪辱を期して待機していましたが、最初のQSOではJ"A"2SOYとコピーされ、ようやく終了間際にJE2SOYとしてとってもらえました。コンテストの戦術と戦略ということではG3SXW Rogerの"Contesting in Africa"を読んでいただく事にして、実際のオペレートでも聞きやすい符号と正確なコピー、また、次の年の9G5AAでは弱い中でパイルがひどくなったときには、やや上(0.7 KHz程度)スプリットかけてさばくなど、うまいの一言では片付けられないものがあります。

JAでこのオペレートに太刀打ちできる局はいるのでしょうか?
posted by N2YJ at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

S9SS サントメ・プリンシペ

s9ss.gifS9SS 2003-03-09 0743Z 28 MHz 2xCW

サントメ・プリンシペは昔、S92LBが良く出ていましたが、なかなか28 MHzにはQRVしないので、難しいところでした。しかし、VOA中継局の技術者であるこの局は特にCW中心でQRVするということで、今までと違い期待大でした。さて、この日、夕方CQを出すのも飽きたなあ、ということでワッチしていたところ、短いやや遅めのCQを出すこの局を発見、信号もQSBがあるもののs8まで振っていました。CQの最初から聞いていましたが、すぐパイルになり、これは難しいかなあと思い、少しコールするのをやめ、一度ワッチすると、みんな同じ周波数でコールするので取れないだけだと判り、少し上の周波数でコールしたところ1発で応答がありQSO成立。やったー!あまり興奮したので、クラスタにあげるときに3回もタイプミスする有様でした。クラスタに載った後は超弩級のパイルが起こったのでした。

あと、24 MHz, 21 MHzでも聞こえたのですがアンテナがなくやりそびれました。この局は予定の任期を延ばして定年後もQRVしていたのですが、コンディションの低下でなかなかできず、最終的に本土に帰る少し前にようやく18 MHzと10 MHzでできました。
posted by N2YJ at 22:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

KZ5BU パナマ運河租借地

kz5bu.gif
kz5bu-a.gif KZ5BU 1979-03-16 0203Z 28 MHz 2xCW

世界一周する豪華客船の旅で各地からアマチュア無線を運用するスタイルはたびたびあったのですが、この局は途中でVR6(=現在のVP6)にも回るということで、当時、いつ出るかということでQRVする後を追っかけていました。中米はあまり出る局が多くない中で、パナマ運河からオンエアする局は比較的多く、この局もあまり大きなパイルでもなく簡単に出来てしまいました。あまりCQばかり出しているので高校のクラブ局のコールでやっても後が続かない。昼近くなりそのまま消えてしまいました。さて、他には当時そこそこ珍しかった5W1からは出来たのですが、肝心のVR6を落としてしまい大変残念に思い、違う方にチェックが入っていたらなあ、とため息をついたものでした。しかし、数年後この地帯がパナマに返還され消滅カントリーとなると、KZ5としてはこれが最初で最後の機会だったのでした。
posted by N2YJ at 00:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

VP2MOC モンテセラット島

vp2moc.gifvp2moc-a.gifVP2MOC 1980-02-17 2310Z 28 MHz 2xCW

ARRL DX Competitionが1年だけWW形式、つまりアメリカ対全世界ではなく全世界同士でQSOする方式になったことがありました。このとき私自身高校3年生にも拘らず受験そっちのけで、このコンテストに参加しました。月曜の朝、朝8時15分に家をでれば、バス停まで走り20分のバスに乗り、25分に高校のそばの停留所まで付くのであと3分走れば校門に間に合うのを直前の1週間ほど練習し、十分余裕あることを確かめていました。
さて、月曜の朝、コンディションは最高です。このころはTS-520VとCBアンテナである北辰のGP-VIIをパイプで5mほどの高さに上げたものでオンエアしていましたが、こんな設備でもKP4そしてVP2MOC、そうです、カリブの局が出来たのです。大喜びで、練習どおり15分に家をでて、20分のバスに乗り25分に停留場到着、あとは走るだけのはずでしたが、あまりにも喜んで飛び跳ねて走ったため、歩道に生えている”止まれ”の標識に頭をぶつけ、大出血!15分ほどうずくまり頭がくらくらしながらとぼとぼ歩く破目に。高校生活で初めて遅刻をしたのは(無線従事者の試験以外で休んだこともなかったのに)このためだったのでした。
posted by N2YJ at 23:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。